役には、初めに札が配布された時に手札の中に役が出来ている「手役」と、合札を取り札としてとっていく過程で出来上がる「出来役」の2種類があります。

手役

初めに札が配布された際、手札8枚の中に次の役が出来ている「手役」の場合、手役を完成したプレイヤーがその文数をもらい、次の回に進みます。

1. 手四:6文

同じ月が4枚ある時
光札1同月札2同月札3同月札4

2. くっつき:6文

同じ月が2枚ずつ4組ある時
月1-1月1-2月2-1月2-2月3-1月3-2月4-1月4-2


出来役

手札/山札を場札と合わせて合札になった札は、手元に取り札として取得することができますが、これらの取り札の中に、次の役が出来ている「出来役」が完成した場合、 「こいこい」もしくは「勝負」を選択することになります。

1. 五光画像 五光:10文

光札が5枚ある時
光札1光札2光札3光札4光札5

2. 四光画像 四光:8文

柳(雨)の光札を除く光札が4枚がある時
柳(雨)以外の光札1柳(雨)以外の光札2柳(雨)以外の光札3柳(雨)以外の光札4

3. 雨入り四光画像 雨入り四光:7文

柳(雨)の光札が1枚、他の光札が3枚がある時
柳(雨)の光札柳(雨)以外の光札1柳(雨)以外の光札2柳(雨)以外の光札3

4. 三光画像 三光:5文

柳(雨)の光札を除く光札が3枚がある時
柳(雨)以外の光札1柳(雨)以外の光札2柳(雨)以外の光札3

5. 花見で一杯画像 花見で一杯:5文

桜に幕と、菊に盃がある時(但し「花見/月見に一杯」の設定が無しの場合は、この役は付きません)
桜に幕菊に盃

6. 月見で一杯画像 月見で一杯:5文

芒に月と、菊に盃がある時(但し「花見/月見に一杯」の設定が無しの場合は、この役は付きません)
芒に月菊に盃

7. 猪鹿蝶画像 猪鹿蝶:5文 +α

萩に猪、紅葉に鹿、牡丹に蝶の3枚がある時。また、これ以外に種札が1枚増える毎に1文加算されます。
萩に猪紅葉に鹿牡丹に蝶

8. タネ画像 タネ:1文 +α

種札が5枚ある時。また、種札がそれ以上ある時は1枚につき1文加算されます。
種札1種札2種札3種札4種札5

9. 赤短画像 赤短:5文 +α

赤短が3枚ある時。また、これ以外に短冊札が1枚増える毎に1文加算されます。
赤短1赤短2赤短3

10. 青短画像 青短:5文 +α

青短が3枚ある時。また、これ以外に短冊札が1枚増える毎に1文加算されます。
青短1青短2青短3

11. 赤短画像青短画像 赤短•青短:10文 +α

赤短が3枚、青短が3枚ある時。また、これ以外に短冊札が1枚増える毎に1文加算されます。
赤短1赤短2赤短3青短1青短2青短3

12. タン画像 タン:1文 +α

短冊札が5枚ある時。また、短冊札がそれ以上ある時は1枚につき1文加算されます。
短冊札1短冊札2短冊札3短冊札4短冊札5

13. カス画像 カス:1文 +α

カス札が10枚ある時。また、カス札がそれ以上ある時は1枚につき1文加算されます。
カス札1カス札2カス札3カス札4カス札5
カス札6カス札7カス札8カス札9カス札10


文数計算

その回の勝者は、出来た役の合計文数をその回にもらうことができます。
その際、以下のルールが適用されますので、合計文数が7文に達するか否か、相手が上がりそうか否かによって「こいこい」するか「勝負」するか駆け引き/冷静さ/度胸が試されます。

  • 合計文数が7文以上の場合は倍付け
  • 相手がこいこい宣言時に自分が勝負で上がると倍付け
  • ※自分が「勝負」した際、合計文数が7文以上で、かつ、相手がこいこいしていた場合には、その4倍の文数をもらうことができます。